脱毛機どのような原理か

エステやクリニックで使用されている脱毛機は毛根のメラニン色素に吸収される波長の光を照射することで熱を発生させ、これで毛根にダメージを与えて毛の再生能力を低下させる原理です。


皮膚にもメラニン色素が含まれていますが、表面では吸収されにくい波長であるため皮膚の受けるダメージは抑えられています。



エステとクリニックの脱毛機には出力の違いがあり、これによって脱毛の効果も変わってきます。

皮膚に吸収されにくくてもダメージは受けるため、出力の調整が適切でなければ火傷する危険性があります。そのため、トラブルが起きても治療を行えるクリニックでは出力の高い脱毛機を使用できます。

この医療用のものは医師の資格が必要になるためエステでは利用できず、出力が低くなった脱毛機になります。



出力の強さは毛根に与えるダメージの大きさに繋がるため、クリニックの方が高い効果を得ることができます。


エステでは効果が弱くなりますが、皮膚のダメージも小さくなるので施術時の痛みがほとんどありません。基本的な脱毛の原理は同じですが、脱毛機で使用されるレーザーには様々なものがあります。
通常は日焼けをしていたりホクロがあるなどのメラニン色素が多い部位は皮膚の光の吸収率が高くなるので火傷の危険性が高くなり、照射を避けられることがあります。



しかし、このような部位にも照射できるレーザーもあるため、自分の肌の状態に合っているレーザーで施術を受けられるところを選ぶと良いでしょう。